無痛分娩での出産

硬膜外無痛分娩について

硬膜外麻酔を用いて分娩時の痛みを和らげる方法を「硬膜外無痛分娩」といいます。
無痛分娩の中で、最も一般的な方法です。

硬膜外腔(こうまくがいくう)と呼ばれる、背骨の中にある、脊髄神経を包む膜の外の狭い間隙に細
くて柔らかいチューブ(カテーテル)を挿入します。そのカテーテルに局所麻酔薬を注入することで痛
みを和らげる方法です。

硬膜外無痛分娩について

硬膜外無痛分娩のメリット

1) お母さんの意識がはっきりしています。

お腹から下の部分に効く麻酔ですので、お母さんの意識がはっきりしています。

2) 赤ちゃんへのお薬の影響がほとんどありません。

使用する麻酔薬の量が非常に少ないため、赤ちゃんへ麻酔薬の影響が出る心配がほとんどありません。

3) ストレスの軽減

自然分娩の際には、痛みのためにお母さんの血圧が上がったり、過呼吸になったり、場合によってはパニック状態になることもあります。このような状態が長く続くと、胎盤への血液の流れが少なくなってしまい、赤ちゃんにとってもかなりのストレスになりお腹の中で元気がなくなってくる場合もあります。無痛分娩により痛みが緩和されることで、お母さんの循環、呼吸が安定し、ストレスが軽減することで赤ちゃんも元気を保てます。

4) 体力の温存

出産は基本的に長時間かかります。数時間~十数時間を痛みに耐えながら過ごすのと、痛みを和らげた状態で過ごすのでは、体力の消耗が全く違ってきます。硬膜外無痛分娩はカテーテルを入れている間は何時間でも続けることができますので、長時間を要する出産には最も適しています。

最近は高齢での初産の方が増えていること、また核家族化で出産後もすぐに上のお子さんのお世話もしなければならない、など、出産後の体力の温存も大切になっています。そういった点でも大きなメリットになります。

5) 家族とのゆっくりとした時間を過ごせます。

強い痛みを伴った陣痛を耐えて過ごすという時間ではなく、穏やかに分娩までの時間を過ごせます。最近は直前までお仕事をされる多忙な方も増えていますので、この時間にやっとご主人やご家族とゆっくりとお話をされたり、あるいは出産後のさまざまな不安点、質問などを落ち着いて助産師に質問したり、といった時間にあてられています。

6) 痛みをコントロールした状態で、しっかりといきんで出産できます。

足に力が入らなくなるような強いお薬は使いませんので、ご自分でしっかりといきんで出産していただきます。
ですから、ご自分で出産したという実感がないのではといった心配はいりません。

7) 産科麻酔科医や看護スタッフがお薬の効き目や安全性のチェックを常にしています。
8) 万が一帝王切開が必要となったときにはカテーテルをそのまま利用して、直ちに帝王切開の麻酔に切り替えることが可能です。

どんなに問題のない妊娠経過であっても、帝王切開が必要となる可能性はゼロではありません。これは、無痛分娩であるなしにかかわらずです。
このような状態では、一刻も早く赤ちゃんを出してあげることが必要になってきます。このとき、硬膜外無痛分娩で背中にカテーテルが入っていると、このカテーテルを使って直ちに帝王切開の麻酔に切り替えられ、速やかに帝王切開が行えます。これも大きなメリットです。

 

なぜ痛みが和らぐのでしょう?

分娩の際の痛みは、

子宮が収縮して赤ちゃんを押し出そうとする時の痛み 狭い産道を赤ちゃんが通って出てくる時の痛み

の二つの痛みです。

そして①痛みを感じる神経②子宮が収縮したり、赤ちゃんを産み出そうといきんだりする神経は別の種類の神経になります。

  • (1)痛みを感じる神経・・・知覚神経
  • (2)子宮の収縮やいきみの神経・・・運動神経

硬膜外麻酔によって知覚神経を主にブロックし、運動神経への麻酔の影響は最小限になるように、 すなわち分娩の進行を邪魔しないようにすることが無痛分娩の麻酔技術の大事なポイントとなりま す。幸い、痛みを感じる知覚神経は運動神経よりも細いので、薄い濃度の麻酔薬で主に知覚神経
のみをブロックすることが硬膜外無痛分娩では可能になります。

麻酔薬の濃度が濃すぎると、知覚神経だけなく、運動神経までブロックしてしまいますので、分娩 が止まってしまったり足に力が入らなくなり自分でいきんで出産することが困難になるのです。
ですから分娩時には、分娩の進行を妨げず、自分で足を動かすことができ、痛みも和らげる、という 濃度の麻酔薬を用いるのが理想ということになります。

痛みの感じ方には個人差があるということ、初産婦か経産婦かによって分娩の進行の速さや痛み の程度に差があるということ、そのため同じ濃度のお薬を同量投与しても、全く痛みを感じなくなる方 もいれば多少痛みが残る方もいらっしゃいます。 一概には言えませんが、痛みが残った場合でも`生理痛程度´であることがほとんどです。

 

無痛分娩のおおまかな流れ

各医療機関により若干の違いはありますが、無痛分娩の実際は以下のような流れになります。

妊娠20週頃~ 妊娠38週頃~ 誘発予定日前日~

無痛分娩教室or母親学級or麻酔科外来にて無痛分娩について担当医が説明いたします。説明を聞いたら必ず無痛分娩にしなければならないということはありませんので、お気軽にお越しください。

妊娠35週くらいからの子宮口の熟化の経過をみて産科医が分娩誘発予定日を決定します。

入院します。

① 診察所見により産科的処置を行い、胎児心拍モニターを開始します。

② 硬膜外カテーテルの留置。

  • 1.まず、点滴を確保します。
  • 2.処置台の上で横向きになり、膝を曲げて、丸くなります。
  • 3・背中の消毒をします。
  • 4.カテーテルを留置する場所の皮膚にまず局所麻酔の注射をします。
  • 5.カテーテルを通すための細い針を挿入します。
  • 6.針が適正な場所にあることを確かめて、カテーテルを入れます。
  • 7.カテーテルが入ったら、細い針は抜きます。
  • 8.カテーテルの場所が正しいことを確認するために少量の麻酔薬を注入し、安全を確認し、
    終了します。
  • 9.カテーテルの留置が終わったら、横向き、仰向け、どちらでも楽な姿勢でお過ごしいただ
    けます。

③ 陣痛促進剤投与を開始し、ひきつづき麻酔薬投与を行います

麻酔薬の効果は投与後約15分で現れます。
その後はベッド上で胎児心拍モニターと血圧計を装着し点滴をうけながら、安静に過ごします。
(多くの方が、本を読んだり、テレビを見たり、家族と談笑されています。)
分娩進行中は、定期的に麻酔の効果を確かめ、血圧測定を行って安全を確認していきます。
カテーテルが抜けるのを防ぐためトイレ歩行も行いませんので、ベッドの上で管で採尿を行います。
(※麻酔が効いていれば痛みはありません。)

④子宮口が全部開き(全開大 10センチ)赤ちゃんの頭も降りてきたら、分娩台で
   出産となります。

痛みはほとんどなく、赤ちゃんの挟まっている感じやお尻の辺りの圧迫感はありますが、冷静にいきんで生み出すことが可能です。

⑤ 出産後分娩室で2時間ほど様子をみます。

問題がなければ、硬膜外カテーテルは抜去します。抜き取る際の痛みはありません。

⑥ 麻酔の効果

麻酔の効果は多くは産後2-3時間でなくなり、産後6時間で看護師の介助のもと歩行を開始します。会陰切開をした場合の創の痛みや子宮の収縮による痛み(後陣痛)は鎮痛薬の内服で様子をみます。

TOP

無痛分娩とは?

無痛分娩での出産

よくあるご質問

医師・提携医療機関

BLOG

smiths medical