よくあるご質問 Q&A

こちらでは皆様の悩み、わからない点にお答えします。

無痛分娩のメリットを教えてください。

①痛みが取れることで、お母さんの心臓や呼吸への負担が減ります。また精神的なストレス も軽減されます。お母さんのストレスが減ることで胎盤の血流がよくなり、その結果赤ちゃん へのストレスも減ります。

②体力が温存できます。その結果産後の回復も早くなります。 (欧米では48時間で退院)

②お母さんの意識ははっきりとしており、冷静にいきんで出産できるため生まれたときの感動 がより大きく感じられます。

詳しくはこちらをご覧ください。

無痛分娩での出産では子供に愛情が湧かないのではないかと心配です。

無痛分娩では、知らない間に赤ちゃんが生まれるのでは。。。というイメージをお持ちの方もい らっしゃるようですが、もちろんそんなことはありません。痛みこそありませんが、しっかりとい きんで、全力でご自分で産んでいただきます。赤ちゃんが生まれる瞬間もむしろ痛みの中で パニック状態で産むよりもしっかりと実感していただけます。

「お腹を痛めた我が子」と日本ではよく表現されますが、10ヶ月間お腹の中で大切に育んだ お子さんです。出産のときの痛みの有無だけが愛情を決めるはすがありません。

出産日はどのようにしてきめるのですか?

決定条件の第一は母体が出産の準備ができているかです。 妊婦検診時に子宮口、頸管の成熟度、胎児の成熟度など出産が近くなる兆候の推移を診て いき、予定日に近い出産日を決めて行きます。

痛みは最初から最後までまったくないのですか?

計画分娩の場合は陣痛が起る段階から無痛分娩を開始しますので、分娩の経過中の痛みを ほぼ取ることが可能です。
ただし分娩が急に進んだ場合は麻酔薬を追加して効果がでるまでの15-20分くらい痛みを 感じることがあるかもしれません。また、分娩の進行を妨げるような強い麻酔薬は使いません ので、場合によっては多少の痛みが残る可能性もあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

体験者の声

無痛分娩体験者の声をご紹介します。

:満足度(最高5点)

30代 (経産婦)
無痛分娩について : ★★★★★ 5点

30代 (経産婦)
無痛分娩について : ★★★★★ 5点

40代 (経産婦)
無痛分娩について : ★★★★★ 5点

30代 (経産婦)
無痛分娩について : ★★★★★ 5点

30代 (経産婦)
無痛分娩について : ★★★★★ 5点

30代 (経産婦)
無痛分娩について : ★★★★★ 5点

TOP

無痛分娩とは?

無痛分娩での出産

よくあるご質問

医師・提携医療機関

BLOG

smiths medical